会費制結婚式、会費設定のポイントは?

会費制の結婚式を行う際、
少し迷ってしまうのが会費の設定。

相場は10,000円〜20,000円くらいと言われていますが、
どのくらいの内容で、そのくらいの金額に設定するのが
ベストなのでしょうか。

当日は招待するゲストの方達に満足していただけるように
適正な会費を設定したいですよね!

安ければ良いってもんじゃない!

会費が安ければ満足してもらえるか
というと、そうではないんですね。

確かに、招待を受けた際に、
最初は金額の情報しかないので、
安ければ喜ばれるかもしれませんが、
当日式に参加して、

料理がおいしくなかった
会場がすごく狭くて窮屈だった
てケチっている感じがした

こんな風に思われてしまう可能性もあります。

会費だけで賄おうとしない!

これはよくある失敗例なのですが、
新郎新婦が節約したいがために、
会費だけで、全てを賄おうとした結果、
料理や演出など、貧相になってしまうパターンです。

自分たちの出費を抑えたいという気持ちも
当然あるでしょうし、
その結果会費制の結婚式を選ぶ方も多いと思いますが、
ある程度は、出費があることを覚悟しておきましょう。

ではどうやって会費を設定するのか?

会費が高いかどうかではなく、
金額に見合っているか
というところがポイントとなってきます。

会費制結婚式と言っても、
「結婚式」であることは間違いありません。

参列する側ももちろん、それは承知しているので、
中途半端な金額で中途半端な式をするよりも、
多少値段が高くても、しっかりとした料理や内容の方が
満足してもらえます。

そこで大事になってくるのが

・会場
・料理
・プロの進行
・招待状

など、おもてなしの部分です。

参列していただくゲストのみなさまに
気持ちの良い時間を過ごしていただけるよう徹底しましょう。

会場

会場選びでは、カジュアルになりすぎないのがオススメです。
自分たちのイメージにあった会場選びはもちろんですが、
清潔感、開放感、トイレ、赤ちゃんがいる方への配慮、
スタッフの対応などなど、下見の際にチェックしてみましょう。

料理

ゲストにおもてなしとして1番わかりやすいのが料理ですね。
味や見た目はもちろんこだわりたいところですが、
できれば立食ではなく着席スタイルで
コースで運ばれてくる会場がオススメです。

立食のビュッフェスタイルですと、やはり「低コスト」ということも
参列者には分かってしまいますし、
落ち着いて食事やお話をすることができなくなってしまいます。

プロの進行

当日のスムーズな進行に欠かせないのが
やはりプロの司会者の力。

友人などに依頼をする方もいらっしゃいますが、
時間通りに進行を進めてくれるだけでなく、
雰囲気を読んで臨機応変に対応してくれる
プロに頼むことをオススメします。

招待状

会費制の結婚式ではカジュアルな場合は招待状は出さなくて良い
とは、言われていますが、
会費制結婚式と言っても、結婚式です。

1.5次会と2次会と区別するためにも
やはり少しフォーマルにきちんと感を出したいのであれば
招待状は出すことをオススメします。

以上、会費を設定する際に気をつけたいポイントを挙げてみました。
ぜひバランスの良い素敵な結婚式を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です