会費制結婚式の流れ

会費制の結婚式を行う場合、
当日の流れについて迷う方も多いと思います。

「会費制の結婚式に参加したことない」という方であれば尚更、
ご祝儀制の結婚式とどう違うのか迷ってしまいますよね。

まずはじめに・・・

これは会費制・ご祝儀制問わずですが、まずはじめに、
これだけは確認しておきましょう!

 

・招待するゲスト

会費制の結婚式では、ご祝儀制の結婚式より、
より「カジュアル」なイメージがあるかと思います。

しかし、親族や職場の上司など、ゲストの顔ぶれによっては
なるべくフォーマルな結婚式にしたい場合もあるのではないでしょうか。

会費制といっても、会場や演出、内容など
自分たちで決められることが多く、理想的な結婚式が出来ますので、
ぜひ事前にどのようなイメージの結婚式にしたいのか確認しましょう。

・パーティー時間

結婚式では、2.5〜3時間が一般的ですが、
会費制の結婚式では、会場の選択肢が広がるので、
場所によっては、3〜4時間でも可能という場合があります。
こちらもぜひ事前に確認して、
ご自身の希望に合った時間を選べる会場を探しましょう。

・新郎新婦がパーティーで絶対やりたい事

結婚式当日に、お二人がどうしても譲れない演出だったり、
これは夢だったから絶対やりたい!というものがないか、相談してみましょう。
先に挙げた、「招待するゲスト」「パーティー時間」を考慮しながら
合わせて考えられるとベストです。

ゲストに余興を頼む場合などもお忘れなく!

当日の流れと所用時間

 受付 30分
 パーティーの時間 2〜2.5時間
 送賓 30分

結婚パーティーの流れ

1. 新郎新婦入場
2. ウエルカムスピーチ
3. 乾杯
4. ウエディングケーキ入刀
5. 会食・歓談
6. 余興やイベント
7. 会食・歓談
8. 謝辞

 

上記で紹介しているのスケジュールは、
オーソドックスな結婚式の当日の流れです。

よりフォーマルにしたい場合は、
主賓の挨拶や、両親への手紙・プレゼント贈呈、
新郎父による謝辞、など盛り込んでみましょう。

また、カジュアルにしたい場合は、
歓談の時間を増やし、ゲストとの交流時間を増やしたり、
テーブルラウンドで写真をたくさん撮ったり、
ゲーム、余興、ブーケトスなども良いですね。

また、お色直しを入れる場合は、
新婦が30分ほど席を外すことになりますので、
時間配分にも気をつけましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
会費制の結婚式だからこそ
たくさんアレンジが可能なので、
アイディア次第で演出の幅が広がること間違いなしです!

ぜひあなた好みの最高の結婚式を作ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です