会費さんにお世話になるなら!会費婚の引出物・引菓子事情!

会費制の結婚式ではご祝儀制の結婚式と異なる点として、引出物があります。

まだまだあまり馴染みがない会費制の結婚式を行う場合、
引出物や引菓子、その相場や予算など、悩んでいませんか?

ご祝儀制結婚式の引出物

ご祝儀制の結婚式の場合は、基本的にゲストの方に引出物を用意しますよね。

1つの袋に3〜5つ、ゲストへのお礼の品としてお渡しするのが「引出物」です。
結婚式帰りの方は大きな紙袋を持っているのを見かけますよね。

基本的に中身は

・メインの引き出物
・引き菓子
・縁起物、しきたり品(鰹節・紅白饅頭など)

で構成されていることが多いです。

 

会費制結婚式でもゲストへのお礼の品は用意しましょう

「会費制結婚式では引出物はいらない」このフレーズ、会費婚をしようとしている方だと聞いたことがあるかと思いますが、お祝いにきてくれたゲストに何も用意しなくて良いというわけではないんですね。

実は「上記の3つを全て用意しなくて良い」という意味合いになります。

会費制結婚式では、引き出物を用意する代わりに、会費の設定金額に合わせてゲストへのお礼の贈りもの(ギフト)を用意します。


「引き菓子のみ」
「プチギフトのみ」
「引き菓子+プチギフト」
といった用意の仕方がありますが、会費の設定金額やお出しする料理等によって、
ギフトにあてる金額も変わってくると思うので、そちらと合わせて検討してみましょう。

 

会費で決まる会費制結婚式の引き出物・ギフトの相場

引出物の相場ですが、ご祝儀制の結婚式では、通常ゲスト1人あたりの飲食代の1/3が目安と言われています。
飲食代が15,000円であれば引出物は5,000円〜6,000円ですね。

では会費制結婚式ではどうでしょうか。

一般的にギフト(引出物・引菓子・プチギフト)の目安は会費の約1割〜1.5割といわれています。
15,000円の会費であれば1,500円〜2,000円です。

ただ、会費制結婚式の場合、「会費=ゲストの飲食代」と設定されていることが多いため、ギフトの費用は、新郎新婦の自己負担となる場合が多いです。

二人で無理のない範囲、なおかつゲストに失礼のないよう感謝の気持ちを届けられる金額として目安くらいに留めておきましょう。

 

会費が10,000円前後の場合

会費が10,000円以下であれば、300円~500円ほどのプチギフトのみ、というパターンが多く見られます。お見送りのときに、新郎新婦が手渡ししてくれるやつですね^^

会費設定が10,000円以上であれば、1,000円相当のギフト、または引き菓子のみといった選択があります。

会費が15,000円前後の場合

1,500円~2,000円前後の引き出物・引き菓子・プチギフトがオススメです。

見た目がおしゃれな焼き菓子のアソートや、
縁起がいいと言われるバームクーヘンのような
引き菓子を用意するケースが多いようです。

ちなみに、
なぜバウムクーヘンが縁起物として定着しているかと言うと、
幾重にも重なった焼き目が樹木の年輪のようで、
「夫婦が仲良く歳を重ねていけますように…」といった意味からきています!
また、生活雑貨・小物・バスグッズのような消耗品のギフトを用意するのも良いですね。

会費が20,000円以上の場合

2,000円~3,000円以上の引き出物・引き菓子を送りましょう。

この予算だと、高級感のある引出物や引き菓子を用意することができると思います。
または、引き菓子とプチギフトの両方というパターンもできますね。

カタログもゲストが持ち帰るのに負担にならないので人気があります。

引き出物はゲストによって変えた方がいい?

ご祝儀制の結婚式では、ゲストとの年齢・関係性・性別などによって引出物の品物を変えたり、予算を変える送り分けをする新郎新婦が多いですが、会費制の結婚式では一律で会費を設定しているので、予算に関して送り分けをするケースはほとんどないようです。

ご夫婦で招待した場合の引き出物は?

ご祝儀制の結婚式ですと、ご夫婦で招待した場合、連盟でご祝儀をいただき、引出物の用意もご夫婦2人で1セットとなります。

会費制結婚式の場合は、会費の設定がゲスト1人に対するものなので、ギフトも連盟など関係なく、1人1セットとなりますので、ギフトは招待した人数分用意するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です